負のスパイラル~金銭感覚の崩壊

私は高校生から大学生まで、某ファストフード店でアルバイトをしていました。
週5日で平日は学校が終わってから閉店まで、休日は10時頃から閉店まで。長く続いていたこともあり、時給は1000円、さらに毎月ボーナスとして1万円多くもらい、手取りは月18万円ほどもありました。

当時実家に住んでいたので生活費はほとんどかかっていませんでした。
ただ、学費以外の教科書代や定期代は自分で払っていました。
手取りが18万もあった私は楽に生活できるレベルにあったと思います。

しかし、仲の良い同世代のアルバイトと毎日夜の0時まで仕事をしていたので、アルバイト終了後に食事に行き、オールでカラオケに行くという生活を続けていました。
さらに服やバッグなどに月7~8万円は使っていたと思います。当時の私はTシャツすら1万円以下は購入してなかったと思います。

その時の私は完全に金銭感覚が崩壊していました。
お金はあればあるだけ使う、貯金は全くしない、足りなくなったら友達に借りて翌月に返す、という負のスパイラルに陥っていました。
欲望にストップがかからず、ほしいと思ったら購入し、やりたいと思ったらやって、どんどんお金を使っていました。

一番恐ろしかったのは定期の更新月や半期に一回の教科書購入時期。定期は約4万円、教科書も理系だったので高いものは1冊2万円ほどしていました。
ただその時でもほかの出費を抑えることができず、マイナスになります。そのマイナスが次の月、また次の月とかかっていき、毎月まったく足りないという状態が数年続きました。
友人から勧められたサイト…学生ローン

在学中に自動車の免許もとることができず、必要なものは何もできなくなっていました。

私は実家暮らしで給料が毎月18万円もあったのにお金に困っていました。その原因は自分自身の金銭感覚の崩壊。その現状に気づけずに何年も同じことを繰り返し、負のスパイラルに陥っていました。

お金の大事さを知らないとお金に困るということを社会人になって初めて実感しました。

学生時代のアルバイトは、今までにないお金が自分で働いて自分自身に入ってくるのでとてもやりがいがあり、仕事の内容もこんなことをするのかと、とても新鮮でした。まだ責任もなく、言われた指示に従って動けばいいので、社会人とは違って楽しかったです。

アルバイトして買い物したりして、好きなことをやってお金がもらえて好きなものを手に入れられるあの頃に戻りたい、と最近ちょっと感じてしまう私です。