大学生の時にメイド喫茶でアルバイトしていました

大学2年~3年の1年間だけ、メイド喫茶でアルバイトをしていました。

きっかけは、自分のバイト代以上に買い物や遊びにお金を使ってしまい、消費者金融でお金を借りて生活をしていた時期がありまして・・・

その時の借金返済をするために、メイド喫茶でアルバイトをはじめました。

借金をしてまで遊んでいたなんて両親には口が裂けても言えません・・・高い学費を支払ってもらって行かせてもらっているのに、当の本人が遊び呆けて借金までしていたなんて・・・雷が落ちるの分かっていますからね・・・

借金額はそれほど大きくはなかったのですが、それまでしていたアルバイト代から返済をするとまた生活費が足りなくなって借金をしての繰り返しで大変なことになりそうになったので少しでも時給の良いアルバイト先に変わったんです。
どうやらそのメイド喫茶は開店したばかりで人手が足らず誘ってくれたようですが、時給や待遇がいいのと丁度欲しい物がありその資金を貯めたくてバイトを探していたので喜んで飛びつきました。

面接も案外すんなり通り、初日は先輩メイドさんと一緒に接客を行いました。
私はアニメも見ないし漫画もあまり読まないのでお店に来る方のお話し相手になれるか不安でしたが、メイドさんと会話するというより一方的に喋るのが好きな方が多く、そんな心配はすぐになくなりました。

メイド喫茶は他の喫茶バイトと違って男性のお客様をご主人様、女性はお嬢様とお呼びします。
他にもバイトしていたお店ではオムライスを注文した方にはサービスでケチャップで好きな文字を書く、1回500円で好きなメイドさんとチェキが撮れるといった色んなサービスがありました。
クレーマーもいないし業務内容も結構楽だし制服もバイト先から可愛いメイド服を支給されるのでずっと続けたいなと思っていたのですが、女性ばかりの所だからか従業員同士のイジメが激しく、それが嫌になったのと丁度資金も貯まったので1年で辞めてしまいました。

時給がいいお店も多いですし、可愛い服が好きでメイドさんやアニメ等のオタク文化に抵抗がない人は結構好きな仕事内容かもしれません。
でも年齢制限もあるみたいで、あまり年を重ねすぎると辞めさせられるお店もあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>